JA新篠津農業協同組合 トップに戻る SGNet
平成30年1月号「あぜみち」のトピックス
新年のご挨拶
戌年を振り返る
青年部移動村づくり視察研修報告
戌年生まれさん大集合
次年度の営農に向けて 〜営農懇談会
新篠津村農業の発展にむけ意見交換会 〜青年部と農協役職員の意見交換実施
産直市場さらなる発展を検討 〜新しのつ産直合同会社意見交換会
地元のお米を贈呈 〜学校給食「Yes!clean米」贈呈式
「師匠」から子供達へ 〜札苗北小お米の受け渡し会
過去最大の出荷量を達成! 〜ブロッコリー部会
  
ちょっと「あぜみち」を行く

新篠津村農業の発展にむけ意見交換会−青年部と農協役職員の意見交換実施−
  JA青年部(山元部長)では11月30日、JA2階大会議室で農協役職員との懇談会を開催。役職員22名と青年部員61名が参加し、地域農業の未来と更なる発展に向け意見交換を行った。
  開会にあたり、山元部長は「今の青年部員が農業の中心となる時代が必ず来る。先輩方が築き上げてきた新篠津農業の更なる発展のためにも有意義な懇談会にしましょう」とあいさつ。続いて、西井組合長が「若い皆さんの意見の一つ一つが、これからの北海道農業・新篠津農業を築いていくことになる。地域農業のためにも活発な懇談会にしてほしい」と激励した。
  開会式の後は、情報提供として石狩農業改良普及センター石狩北部支部の石澤主査と千野普及職員が「平成29年産作物の作況と来年の作付けに向けて」と題して、本年度主要3品目の生育状況と来年の作付けに向けての病害虫対策・輪作体系のシミュレーションなどについて説明を行った。
  引き続き、4班体制に分かれ意見交換を実施。青年部から農産物の出荷体制や作付品目への展望などについて様々な質問・意見・要望が出されたほか、農協役職員からも青年部事業に対してアドバイスする場面が見られるなど充実した懇談会となった。
   

「あぜみち」で道草

臨時理事会
平成29年度 第11回理事会
年始の業務時間のお知らせ
平成30年どんど焼き
ななかまど文芸・川柳サロン
家の光図書のご案内
今月の技術情報
12年後の夢・自分

 

新篠津村農業協同組合
〒068-1193 北海道石狩郡新篠津村第47線北13番地  TEL.0126(57)2311 FAX.0126(58)3172
mail info-jashinshinotsu@shinshinotsu.ja-hokkaido.gr.jp
Copyright (C) 2011 JA shinshinotsu All rights reserved.